RSS | ATOM | SEARCH
宇宙・地球の変化と日本
WEBニュースで、
「国立天文台などは4月19日、5月にも太陽の磁場が反転し、北極と南極にN極(プラス磁場)、赤道付近に二つのS極(マイナス磁場)が出現する「4重極構造」に変化するとの予想を発表した。

約300年前に地球が寒冷化した時期と太陽活動の特徴が一致しており、温暖化の一時的な抑制につながる可能性もある。

同天文台の常田佐久教授(太陽物理学)らは、太陽観測衛星「ひので」を使い、磁場データを分析。
昨年7月以降、北極の磁場がS極からN極に反転し始めたことを確認した。
一方、ほぼ同時に反転するはずの南極はN極のままで変化せず、4重極構造が確実視される状況となった。

磁場反転の原因は未解明だが、約11年周期の黒点の増減と同期することが知られている。
直近の黒点周期は13年近くに延び、北半球の平均気温が0・6度下がった17〜18世紀とよく似ている。
当時も4重極構造だったと推定されるという。

長期間太陽活動が低下し、寒冷化をもたらしたとされる「マウンダー極小期」。
近年、黒点数の減少や11年の周期が延びるなどの異変が続いており、国立天文台の常田佐久教授は「この状態が次の周期も続くと、マウンダー極小期のような時期に入ったと考えられる」と述べた。

極域の磁場は、太陽活動の指標となる黒点の生成に密接に関連しており、こうした変化が近年の異変に影響している可能性もあるという。」 

という記事を読んだ。

宇宙、そして太陽の影響を大きく受ける地球。

その地球の中でも特に自然災害が多い日本。

環太平洋火山帯という、世界で地震の最も多い地帯に位置する国土。
そして、台風の通り道。狭い国土、乏しい資源。

そんな日本に住む私たち。

古代より自然を八百万の神として敬い大切にし、高い精神性をもってきました。

これからも自然を大切にする心を忘れないで暮らしていきたいものです。


author:kuma, category:-, 21:32
-, -, - -